2017年04月24日

【あとがき】コロミーレンジャー誕生秘話

ころの局です。

コロミーレンジャーをご覧いただき
ありがとうございます。

今回は、このコロミーレンジャーの「誕生秘話」を
お送りいたします。

と、言いましても、たいした「秘話」ではないことは
今までの【あとがき】をご覧いただいていましたら
おわかりのことと思います。(^^;;

***********************

コロミーレンジャーは普段オフィスの机の上で
じっと働く人たちを見守っています。

それは

【あとがき】コロミーレンジャーの日常

でも、お話させていただきました。

もともとは、九十九神だったコロミーレンジャーたち。
その依り代だったものたち
  コロミーレッド=硯箱
  コロミーイエロー=重箱
  コロミーピンク=あわせ鏡
は、仕舞いこまれていた納戸が火事となり
消失してしまいました。

彼らは、新たなる依り代を求めてさまよいます。

時代が移り変わり、さまざまなものに宿り
宿っては離れ、を繰り返すうちに
たどりついたのが、オフィスの机上に置かれている
マスコットでした。

そこの会社では、OLさんたちの間で
机の上にお気に入りの人形を置くのが流行っていたんですね。

そこにたどり着いたのです。

最初は、お互いがお互いのことを知りませんでした。

ただ、オフィスで働く人たちの、声には出さない悲しみ、苦悩
などを感じ取って、心を痛めているだけだったのです。

そこに登場したのが、黒猫みぃ様です。

みぃ様も元々は九十九神。
やはり、彼らと関係の深い大名家所蔵のものでした。

九十九神は時には動物に宿ることもあります。

現代では、黒猫に宿ったみぃ様。

机上のパンダのあみぐるみの中に眠る
硯箱の九十九神を見つけて、呼び起こしました。

他の部署にも、それぞれ人形に宿った九十九神がいる。

あの子たちも呼び起こして、このオフィスに宿る課題を
除去してあげましょう。

みぃ様は、そう硯箱の九十九神=コロミーレッドに
命じたのでした。

こうして、コロミーレンジャーが
オフィスの中で、ひそやか〜に誕生したというわけです。

彼らは、昔の大名家で見聞きした悲劇を2度と繰り返させまいと
決意しています。

そうなる前に、解決することができたら・・・。

その思いで、日夜ひそやか〜に行動しているのです。

***********************

あなたのオフィスにも、コロミーレンジャーが誕生している
かも?しれませんね。

ラベル:本部
posted by オフィスコロミー at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | あとがき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。